車を買う前の注意点、買い取りのポイントについて。
Show MenuHide Menu

車の購入時の試乗は大切だと思います

2015年11月20日

新車の購入。
高い買い物なので慎重になる一方、やはりワクワクしますよね。
町で見かけて気に入ったから欲しい、CMで便利と言っている、など購入時は気持ちが高ぶりますよね。

しかし、装備や色、オプションを考えるのと同じくらい試乗することは大切なのです。
試乗車に乗る前に、まず見てほしい所があります。
それは、ドアを開けるときに高さが自分に合っているか、ということです。
車体が大きい車ほどドアも大きく、重くなります。

重いドアを開け閉めすることは女性ですと、意外と負担になります。あまりに重いドアですと毎回の明け閉めが億劫になってしまうかもしれません。

そして、いざ車に乗り込むとき、お子さんのいる方はチャイルドシートを持ち込んだりしますね。
チャイルドシートにお子さんを乗せたり降ろしたり、というのは車高の低い車ですと腰をかなりかがめる事になります。
チャイルドシートに子供を乗せるのは、子育て中のママさんにとっては毎回の事ですので、よく考えて車種を選ばれたほうがいいかもしれません。

その後はいざ運転となり、車道に出ます。
ハンドルの重さ、車幅感、カーブの時の見通し、走行中にハンドルに伝わってくる震動なのはやはり自分で運転してみないとわかりません。

また、後部座席の乗り心地も重視したい所です。
特に乗り物酔いしやすい人にとっては、柔らかすぎるシートはきついようです。
小さなお子さんにも外の景色がよく見えるか、も大事にしてあげたいですね。
このように、試乗は運転する人にも、そうでない人にもとても大切かと思われます。